指原莉乃 スキャンダル 週刊文春

指原莉乃 スキャンダル 週刊文春についてです。

今やAKBグループの中でも
不動の一位の地位を築きつつある指原莉乃ですが、
過去に週刊文春にスクープされたスキャンダルについては
未だに強烈な印象が残ってますね。

指原莉乃 スキャンダル

そこに掲載されていた内容は
過去の指原のファンと指原の生々しい関係でした。

 

その過激な記事の内容については、
こちらの記事で紹介してます。

指原莉乃のスキャンダル 記事の過激な内容は!?

 

ここでは、そのスキャンダルの反応と
ここまでの指原にとってスキャンダルはどういう意味があったのか
回想してみたいと思います。

 

指原莉乃にとっての最大の試練 HKT48への移籍

恋愛禁止のAKBグループの掟に従って
当時AKB総選挙で4位と大躍進した指原だったのですが
いきなり博多HKT48への移籍、つまり左遷を命じられたのです。

 

この状況には多くのファンに色んな意味で
反響がありましたね。

 

AKB48は恋愛禁止で辞めさせられているメンバーもいるのに
指原は人気メンバーだから左遷で済むのか?

だとか、

かなり前、研究生時代のスキャンダルなのだから
今更持ちだしてバツを与える必要があるのか?
かわいそう・・・など。

 

私的にも後者の考え方でしたね。
その元カレはなんで今頃写真を送ってきたんだとか。

 

お金のためなんでしょうけど・・・
いやらしいですよね。
指原が人気が出て、スクープの価値が上がった瞬間に
売りつけるみたいな感じがして。

 

今でこそHKT48のメンバーの年齢は10代後半にまで
上がってきましたが、指原が左遷されたときは
12,3歳の無名のメンバーばかりだったはずです。

 

指原自身もそんななかで自分が浮いてしまわないのか
邪魔物扱いされないのか、恐怖だったとメンバーにも相談しています。

 

せっかく神7、総選挙4位にまで上り詰めた
指原でしたが、次の2013年AKB48総選挙では順位がどこまで
落ちてしまうのか?!とわたしもそう思いました。

 

2013年選抜総選挙で1位

指原莉乃 スキャンダル

 

次の年の総選挙で指原は見事一位になりましたね。
いろんな原因がありました。

 

やはり一番大きかったのは逆境に追い込まれた指原自身が
自分の持っている才能・力を発揮したことでしょうか?

 

今でこそHKT48の劇場支配人を任された指原莉乃ですが
彼女の最大の才能はプロデュース能力の高さだったのですね。

 

駆け出しのHKT48のテレビ番組で
それまでほとんど無名だったHKT48のメンバーがどんどん
その良いところを引き出されて有名になりました。

 

元々アイドルオタクだった指原にとっては
当たり前すぎるこの才能がすごかったということですね。

 

そして自分が目立とうするよりも
そうした他の子の才能を引き出そうとする
指原自身の性格のやさしさもあって、
博多のファン、メンバーからも絶大な信頼を得たのではないでしょうか?

その結果の一位といってもいいかもしれませんね。

 

指原のブログとかもそうですが
この子って多分アイドルになっていなくても
何かしらビジネスで成功できていたと思います。

 

相手の目線にたって喜ばせようとする完成が
抜群に優れているのでは?といつも関心してみてますね。

 

コメントを残す